MENU

お箏の弾き方

これからお箏のお稽古を始められる方、すでにお稽古をなさっている方の参考となるよう、お琴を弾く時の姿勢や、構え、指の置き方や弾き方をまとめてみました。

お箏の弾き方 項目

ポイント1

正しい正座

まず、お膝を腰幅に開いて座りましょう。

両膝の間に握りこぶしがひとつかふたつ入るくらいでしょうか。
そこへ、お腰をまっすぐに立てて下腹で支えます。

上半身の力を抜き、肩の力も抜きます。
骨盤の中心に背骨が真っ直ぐに伸びているイメージができたら、静かに腹式呼吸を加えましょう。

そっくりそのままで、ヨガの稲妻のポーズになりました。
お琴を弾くには、正しくお座りになることがとてもとても大切でございます。
ポイント2

お箏の構え方

背中はスルリと伸ばし、下腹と太ももでしっかりと上半身を支えて下さい。

お箏に対してお膝がちょうど45度の角度になるようお座り下さい。
竜角の延長線上に腰骨がくるくらいの位置が、お座りになる場所でございます。

次に、両手を自然にお箏の上に伸ばしてみて下さい。
腰をひねったり、ひじを張ってしまわないようにお気をつけ下さい。
また、両肩を水平に保てるようにいたしましょう。

右掌はまあるく柔らかく曲げ、左手はお指を揃えて絃の上におきます。
遠い方の絃をお弾きになる場合には、前かがみになるのではなく、腰から上体を倒して無理なくお指が届くところまで、近づいていって下さい。

さあ、こちらのお写真のような
お琴の構えになりましたでしょうか?

ポイント3

譜面台を置く位置

楽譜をご覧になる場合、譜面台を置く場所にご留意下さい。
右の方に置きますと、お首が曲がった姿勢になってしまいます。
正しい姿勢を崩すことのないよう、お顔をまっすぐにして、その視線の先に譜面台を置いてください。

お首が曲がった姿勢にならないよう、正しい位置に譜面台を置きましょう。

ポイント4

お箏の弾き方

お爪を、右手の親指・人差し指・中指の三本にしっかり嵌めます。

掌を柔らかくまあるく曲げ、余分なところには力をいれないようにいたしましょう。
お爪のカドが絃にきちんと当っていれば綺麗な音がいたします。
お爪の厚みや形で音色が変わります。
いろいろとお試しになられると楽しいと思います。

さくらの一節を一緒に弾いてみましょう。
画像をクリックすると動画が再生されます。
続いて、ロバサンの一節です。
画像をクリックすると動画が再生されます
ポイント5

向こう指の置き場所

お習い始めの頃は、親指ばかりでお弾きになられることが多いでしょう。
そういうとき、向う指(人差し指と中指)の置き場所に
ふとお困りになられるかもしれません。

写真のように掌を柔らかく まあるく曲げて
ちょうど良い場所(絃の上)に向こう指を揃えておきます。
薬指と小指も絃の上に置いて、しっかり支えてください。

ポイント6

向こう指の弾き方

人差し指や中指で弾くときには、
親指でちょうど良い場所よりも
中の方(お箏に向かって左の方)をお弾き下さい。
お爪のカドが良い角度で絃に当りますので、
トントンと綺麗に響く音がいたします。
ポイント7

いくつかの技法

いくつかの技法を動画でご紹介いたします。
文章だけでご説明するのは難しく、お分かりにくいこととは存じますので、動画をご覧いただきながら、楽しく挑戦してみましょう。

少しでも皆様のお稽古のご参考になりますように・・・(小野)

チツコロリンテン
サラリン
左指
お分かりにくいところもまだあるとは存じますので、また、気がつきましたことを、徐々に書き足してまいります。
少しでも皆様のお稽古のご参考になりますように・・・(小野)
姿勢や指使いは、ご理解いただけましたでしょうか。
次の「お箏の調弦基礎知識1」では 音列や音の高さ、基本の調弦法をご紹介しております。
お調弦は難しいものとお感じになっておられる皆さん、ぜひご一緒に知識の整理整頓をしてみましょう。
English EN Français FR Deutsch DE 日本語 JA