MENU

海外での和楽器ワークショップ(South Toe Elemetary School)

アッシュビルから北東に約1時間ほど離れたところにありますSouth Toe Elemetary School(小学校)にて、16人の3年生を対象にお箏の演奏、体験などを行いました。
この学校では、毎月、世界のどこかの国について学ぶという取り組みをされていて、2月には日本のことについての勉強をしたそうです。

この時の開催日は5月5日よりも少し過ぎてしまいましたが、”子供の日”を紹介するイベントを開催させていただきました。

冒頭では16人の生徒さん達が日本語で元気よく「こんにちわ〜」っとご挨拶をしてくれました。
日本でお祝いしている子供の日とは、鯉のぼりについて、一曲目の「背くらべ」について説明し、歌いながら演奏しました。

合奏曲「未来花」の後、ジブリのアニメソングより「いつも何度でも」「となりのトトロ」の二曲を演奏しました。 日本のアニメソングは老若男女かかわらず知ってる人が多いので、どこで弾いても喜んでいただけます。

その後、2グループに分かれ、親指にお爪を付けて、体験をしました。
「どんな音が出るのかな?」
「糸は思ったより硬いから大きな音を出すのは大変だね」
そんな感想が聞こえてきました。

美緒野会は海外の皆様に日本の伝統文化に触れていただく和楽器ワークショップなどもお引き受けしております。お気軽にお問合せください。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
English EN Français FR Deutsch DE 日本語 JA