地唄箏曲美緒野会

お三味線について

美緒野会の本棚

美緒野会お勧め本のご紹介でございます。高輪教室の書棚にございますので、お稽古のあとさきに、お手にとってご覧下さい。一部のものを除いては、ご希望でしたらお貸出しを致します。(☆は小野のひとり勝手なお勧め度をお示ししております。)Amazon.co.jpにリンクさせて頂いているご本は詳細をご覧いただけます。お気に召されましたらご購入もどうぞ。

新しく本棚に加えられたご本
邦楽いろは歌留多
岡本文弥随筆集
邦楽新書☆☆☆
お気に召すやら召さぬやら甘辛いろいろ並べました…と始まっております。新内語りの岡本文弥師匠が数えの97歳で書かれた随筆集です。瑞々しいウイットに富んだ楽しい小噺がたくさん!
王朝の雅 源氏物語の世界
王朝の雅 源氏物語の世界
鈴木日出男監修・執筆
平凡社☆☆☆☆
「源氏物語絵巻」を含む源氏絵155点に五十四帖の簡単なあらすじと解説、関連のお花や景勝地のお写真などが添えられています。いつまでもうっとり眺めていたいきれいな雑誌です。高輪教室の文机においてありますので、お手にとってお楽しみください。
三味線草
竹下夢二著
ノーベル書房☆
小唄の歌詞に夢二の挿絵が添えられています。独特な美の世界に惹きこまれていきます。
現代語訳/風姿花伝
現代語訳/風姿花伝
世阿弥著/水野聡訳
PHP研究所☆☆☆
『風姿花伝』とは、室町時代のお能の大成者 世阿弥が書いた日本最古の能楽理論書です。「花」と「幽玄」をキーワードに美しく含蓄に富んだ名言が並べられておりまして、別名『花伝書』とも呼ばれる芸術論でございますが、さらさらと読むには少し難しい古典が、分かり易い現代語に訳されています。芸のご精進のお共にどうぞご一読くださいませ。
ページトップへ
伝統芸能の先生方が書かれた随筆
定本 宮城道雄全集 上・下巻
東京美術☆☆☆☆☆
昭和47年6月10日発行『限定1000部のうち899番』となっております。宮城道雄先生は、作曲ばかりでなく、素晴らしい随筆をたくさん残して下さいました。お貸出できませんが、ひとつひとつは短いエッセイです。高輪教室に置いてありますのでそうっとお手に取って少しずつお読み下さい。
禁貸出
宮城道雄随筆集 春の海
講談社☆☆
雨の念仏 騒音 垣隣り 夢の姿 軒の雨 古巣の梅 水の変態 春の海 あすの別れ
心の調べ
心の調べ

宮城道雄著
河出書房新社☆☆☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
名曲「春の海」の作者はたぐいまれな名随筆家でもあった。「耳の人」宮城の魅力を伝えるエッセイを、入手しにくい本を中心に編んだ決定版コレクション。親友・内田百間との対談「倫敦塔を撫でる」も収録。
箏ひとすじに
宮城喜代子著
文園社☆☆☆☆☆
故宮城喜代子先生の素朴なお人柄が偲ばれます。内容(「BOOK」データベースより)13歳で宮城道雄のもとに入門して以来70年。師の遺業を継ぎ、宮城道雄生誕100年(1994年)めざして今も修行の日々を送る。人間国宝・箏曲家宮城喜代子がその生街涯を綴る。
地唄うた暦
中井猛著
邦楽ジャーナル別冊☆☆☆☆☆
なつかしく ゆかしい日本の情緒である地唄箏曲をいつくしみご研究を重ねられていらっしゃる中井猛先生の地唄解説でございます。目次(正月、火桶、春の雁、菜の葉、落し文、水の音、芦刈、こすのと、菊の露、撫子、口切り、影法師、松尽くし、椿尽くし、ながらの春、舟の夢、けしの花、名所土産、夕顔、夜々の星、萩の露、園の秋、さむしろ、末の契り、八千代獅子、縁の綱、羽織褄、新道成寺、里の暁、蛙、文月と星の別れ、楫枕、こんかい、月見蘇我、海士、金五郎) 禁貸出
地歌ひとすじ
菊原初子のあゆみ

なにわ塾叢書☆☆☆☆☆
私が皆さんのお考え方や何かを、率直に教えていただきたいと思うているんです。お話を聴かせていただきますと、なるほどなァ、そういう物の考え方を、現代のお方はお持ちやなあとわかります。いろいろいうていただいたり、反発していただくほうが、ただフンフンいうて聴いていただくよりも、ありがたいと思います。…というご挨拶から始まった対話講座をまとめてあります。柔らかく瑞々しい感性を終生お持ちでいらっしゃいました。地歌ファン必読の書。
生き生きて地歌旅
菊棚月清
~大検校が語る伝承の世界~
なにわ塾叢書☆☆☆☆☆
このご本につきましては、私のBlogの拙文をお読み頂ければ光栄でございます。少し詳しく書きました。
地歌とともに
~格調高い九州系の芸と心~
藤井久仁江著 東方出版☆
第1章 私の来し方
第2章 楽器のこと(撥、駒、皮、糸、三味線)
第3章 地歌の表現(『黒髪』:『影法師』『出口の柳』『茶音頭』『楫枕』『萩の露』)
長生きも芸のうちー岡本文弥百歳
長生きも芸のうち
岡本文弥百歳

森まゆみ著 ちくま文庫☆☆☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
朝鮮人慰安婦のことを新聞で知り、「新内語り」は新作を作った。「ぶんやアリラン」。椅子の背で体をささえ、98歳の文弥さんは座ったまま語り出す―。新内の第一人者が語り下ろした芸と人生と思い出す人びと。
私のBlogに少し抜書きしてあります。ご参考までに・・・。
ぶんや かたりぐさ
ぶんや かたりぐさ

岡本文弥著 新日本出版社☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)新内岡本流の家元として、101歳で亡くなるまで生涯現役を貫いた著者のエッセイ集。反戦・反骨の芸魂、創作新内にかける情熱を洒脱に語る。味わい深い自筆イラスト等も多数収録した待望の一冊。
姉妹の松韻
~箏曲に咲いた二代の譜
六代山瀬松韻
清流出版
内容(「BOOK」データベースより)姉の五代山勢松韻をはじめ、先人、師への思い、芸について…。雅な筝の音に、昭和の佳き馨りが立ち上る。300有余年続く日本の伝統芸能を今に伝える、人間国宝山田流筝曲六代山勢松韻の語りづくし。
ページトップへ
いつまでもうっとり眺めていたい美しい本
上村松園画集
日本美術教育センター☆☆☆☆☆
上村松園の描く女性の美しさが大好きですので、私のお宝画集です。
お着物の柄や色合いはもちろんのこと、日本髪の美しいこと、鬢のほつれの一本一本、かんざしやお半襟の模様、そこにヒラリと舞っている花びら・・・どんなに眺めてもいつも新しいウットリがあります。
お教室のコンポの左側に置いてございますので、いつでもお手にとってご覧下さい。
禁貸出
伊勢物語
学研☆☆☆☆☆
こちらは伊勢物語絵巻でございます。
ためいきの出るような美しい宮廷画や写真に、和歌が添えられております。
東下りのまめ男・・・『吾妻獅子』のお稽古をなさるときには是非ご一覧下さい。
小倉百人一首
友愛美術社☆☆☆☆☆
全文が毛筆書きで、ところどころに挿絵がついている趣深い和綴じのご本。
ひとつひとつの歌に小さく丁寧に添えられた解説も毛筆書きです。
お稽古の合間に、お拾い読みなどいかがでしょう?
禁貸出
日本音楽・歌謡資料集
<楽譜総集編> 勉誠社☆☆☆
昔の楽譜あれこれ・・・。よく出来た楽譜とは眺めるだけでも美しいもの。
いにしえのものと比べ、現在市販されている楽譜は、音楽の伝承という意義において、芸術的には、むしろ後退しているという事実に気がつかれることと存じます。
宮尾登美子 私の世界
宮尾登美子 私の世界

家庭画報特別編集 世界文化社☆
一絃琴の素晴らしい写真(16頁)を見つけました。栞を挟んでおきますので、どうぞご覧ください。正倉院の琵琶(86頁)もございます。
江戸東京散歩
江戸東京散歩

人文社☆☆☆
左頁は江戸時代、右頁が現在の地図です。
品川駅には、ついこの間まで、本当に波が打ち寄せていたんですね。昔のご本を読むとき、これがあるとイメージが膨らみます。
『江戸東京セレクト散歩12コース』もついています。
しばわんこの和のおけいこ
しばわんこの和のおけいこ

川浦 良枝 白泉社☆☆
可愛らしい絵本ほのぼの
わ(和)・・・
1、穏やかなこと 2、仲良くすること 3、ほど良く整うこと 4、調子を合わせること 5、数個の数を加えた値 6、日本
お読みいただきたいお薦め小説
大江戸仙女暦
大江戸仙女暦

石川英輔著 講談社文庫☆☆☆☆☆
SF大江戸シリーズの第五作。是非是非、「大江戸神仙伝」からみ~んなお読み下さい。どれもとても面白いです。私達は、江戸時代を誤解しているかもしれません。温故知新と申しますが、ここに、これからの私達の生き方の指針がここに凝縮されているように思えてしかたがないのです。

この巻では、芸者いな吉さんが、当時の江戸では最高の贅沢のひとつである歌舞伎顔見世興行を初日に特等桟敷で見物することになります・・・。
地唄
有吉佐和子著 新潮文庫☆☆☆☆
SF大江戸シリーズの第五作。是非是非、「大江戸神仙伝」からみ~んなお読み下さい。どれもとても面白いです。私達は、江戸時代を誤解しているかもしれません。温故知新と申しますが、ここに、これからの私達の生き方の指針がここに凝縮されているように思えてしかたがないのです。

この巻では、芸者いな吉さんが、当時の江戸では最高の贅沢のひとつである歌舞伎顔見世興行を初日に特等桟敷で見物することになります・・・。
華の碑文ー世阿弥元清
杉本苑子著 中公文庫☆☆☆
こちらは、お能の創始者世阿弥の一生を描いたものです。
正確な筆致で描かれていて感動いたします。伝統芸能へのより深いご造詣の一助に・・・。
一絃の琴
宮尾登美子著 講談社文庫☆☆
直木賞受賞作です。単行本が古くなったので買い換えたのですが、私の老眼では到底読めない小さな文字でした(涙)。お若い方でしたら大丈夫でしょう。
お教室には一絃琴のCDもございます。一緒にご鑑賞下さい。
一の糸
有吉佐和子著 新潮文庫☆☆
可愛らしい絵本ほのぼの
(カスタマーレビューからの引用)古典芸能ファン必読です
2004年12月にこの小説をもとに紀尾井ホールにて文楽公演があったことは、ファンなら知っていることでしょう。これを見て読んだのですが、古典芸能の世界を真隣に見たような感覚に浸りました。正直、主人公の女性には感情移入は無理でしたが、読む価値ぜったりあり、です。  
出雲の阿国(上) 出雲の阿国(下)
出雲の阿国(上)  (下)
有吉佐和子著 中公文庫☆☆☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
戦塵いまださめやらぬ桃山の世に、絢爛と咲いた一輪の華―やがて天下一の踊り手と謳われることになる乙女は、雪深き出雲に生を受け、舞の才を花開かせてゆく。歌舞伎の創始者として芸能史に燦然と輝く阿国の妖艶な生涯を描いた渾身の大河巨篇。昭和四十四年度芸術選奨受賞作。
伽羅の香
伽羅の香

宮尾登美子著 中公文庫☆☆☆
香道の復興に献身した女性がモデルです。芸道を絶やさず伝承するには多くの人生が捧げられてまいりました。形を変えながら、これからもずっと続いていくことでしょう。主人公葵の晩年と同じ年齢になって読み返しましたら、胸打たれるところがございました。
利休遺偈
利休遺偈

伊ノ部康之著 小学館文庫☆☆
千利休を祖として七代目にあたられる天然宗左の生涯を描いた物語です。お茶の心と地唄の心は、当然ながら、たいへんよく似たるものと心得ました。
黒衣(くろこ)
有吉佐和子著 新潮文庫☆☆☆☆
何度読んでも、何故だかわからないけれど泣けて泣けて仕方がありません。(そんな変な人は私だけかもしれませんが・・・。)時々、主人公の歌舞伎役者、中村筆十郎さんに会いたくなって読みます。
開幕ベルは華やかに
有吉佐和子著 新潮文庫☆☆☆☆
私が読んだミステリーの中での最高位。読後の満足感はひとしおでございます。
瀬戸内寂聴訳の源氏物語をお楽しみください。
源氏物語・巻一
源氏物語・巻一

瀬戸内寂聴訳 講談社☆☆☆☆☆
光源氏の誕生から若紫との出逢いまでの物語。桐壺帝と更衣の間に光源氏の誕生。3歳で死別した母更衣に似た藤壺の宮への憧れ。葵の上との結婚。空蝉、軒端の荻との契り。夕顔との出会と死別。若紫との出会。(出版社・著者からの内容紹介)
源氏物語・巻二 光源氏の不倫の皇子を生んだ藤壺の女御の出家、兄朱雀帝の寵愛する朧月夜との密会の露見、物の怪となって葵の上に取り憑いて死なせた六条の御息所との別離、若紫との新枕と花散里との淡い恋など54帖の骨子となる場面が展開。
源氏物語・巻三 光源氏、須磨に謫居(たつきょ)。宰相の中将(もとの頭の中将)の慰問を受ける。暴風雨のあと、明石の入道に迎えられ、その娘明石の君が懐妊。都に戻り、女君たちと再会。六条の御息所の遺児前斎宮(ぜんさいぐう)が冷泉帝に入内。明石の君と娘を大堰(おおい)に迎える。
源氏物語・巻四 明石の君と姫君の別れ、藤壺の宮の崩御。冷泉帝の出生の秘密漏洩。朝顔の姫宮が源氏の求愛を拒否。夕霧が雲居の雁と初恋、大学入学、惟光の娘に懸想。壮大な六条の院に夕顔の娘玉鬘と女君たちを住まわせ、衣装を配り、正月に訪ねる。
源氏物語・巻五 源氏たちの恋慕する玉鬘を手中にした鬚黒は、北の方に香炉の灰をかけられる。夕霧と雲居の雁が結婚。紫の上は、入内した明石の姫君の後見を、生母の明石の君に委ねる。
源氏物語・巻六 春、玉鬘が源氏の四十の賀に若菜を進上。朱雀院の愛娘女三の宮が六条の院の源氏に降嫁。明石の女御が3人の皇子を次々と出産。柏木が蹴鞠の日に女三の宮を垣間見て恋慕(新青柳)し、密通。冷泉帝が譲位し、明石の女御の第1皇子が東宮となる。朱雀院の五十の賀宴を催す。
源氏物語・巻七 女三の宮、薫を出産ののち出家。死去した柏木の横笛を源氏が預かる。夕霧、女二の宮と結婚。紫の上の死を悲しみ源氏出家。源氏亡き後、元服した匂宮と薫の物語が始まる。
源氏物語・巻八 玉鬘の大君が冷泉院の姫君を出産、中の君が尚侍となる。薫は、親交を深めた宇治の八の宮の姫君たちが琴を合奏しているのを垣間見。弁の君が薫にその出生の秘密を明かし、柏木の遺書を手渡す。八の宮の死後、大君は薫の求愛を断り、間もなく死去。匂宮が中の君に求愛。竹河~総角。
源氏物語・巻九 「早蕨(さわらび)」「宿木(やどりぎ)」「東屋(あずまや)」の3帖を収録。宇治の八の宮の娘たち、大君中の君、浮舟と薫、匂宮との出会い、恋愛、別れの物語。 亡くなった大君を忘れられないながらも、薫は藤壺の女御の遺児、女二の宮と結婚。二条の院に迎えられ、匂宮との間に若君を懐妊している中の君は、薫が自分に大君の面影を見て恋慕するのに困惑、異母妹浮舟を勧める。左近の少将に婚約を破棄された浮舟は、身を寄せた二条の院で匂宮に迫られ、逃れた三条の小家で薫に逢う。
源氏物語・巻十 浮舟 蜻蛉 手習い 夢浮橋
参考書系です。お稽古のお伴に、お調べものに、お役立て下さい。
音楽の根源にあるもの
音楽の根源にあるもの

小泉文夫著 平凡社☆☆☆☆☆
私の音楽観の基礎を作って下さった素晴らしい方のご本です。いささか口幅ったい言い回しをお許し頂きたいのでございますが、小泉先生のご薫陶のおかげで、終生、音楽家としての信念と誇りを持ち続けていられるというのは私だけではないでしょう。膨大な量のご研究のエッセンスを、ごく読み易く平易に纏められてあります。
音生田・山田両流箏唄全解(上・中・下)
今井通朗著 武蔵野書院☆☆☆☆☆
皆様がお弾きになる曲の解説です。お稽古なさる都度のご一読をお勧めいたします。
禁貸出
宮城道雄作品解説全書
吉川英史・上参卿祐康著 邦楽社☆☆☆
皆様がお弾きになる曲の解説です。お稽古なさる都度のご一読をお勧めいたします。
禁貸出
日本の音をつくる
朝日新聞社☆☆☆☆☆
すでに絶版になっているとても貴重なご本を、新橋野村楽器様が寄贈して下さいました。ありがとうございます。 帯に―源氏物語五十四帖が音楽にみちみちている理由は他でもない、あの紀元1000年ころの日本が音楽にみちみちていたからである。千年の神秘に包まれた和楽器つくりの精髄を、カメラとペンで解明する―とございますが、アサヒグラフに連載されたものがまとめられています。皆様で大切にご閲覧ください。
禁貸出
吟道考槃
室伏秀行著☆☆☆☆☆
美緒野会の永井様からのご寄付でございます。登喜和流吟詠会の吟詠本と伺っておりますが、漢詩のみならず、和歌、俳句、新体詩にいたるまで殆どのものが載っております。
禁貸出
日本歴史館
小学館☆
大きくて重たい辞典ですが、写真や図解などをパラパラめくって得られる満足感は、ネット検索よりもやはり身近です。
禁貸出
英語で話す「日本の伝統芸能」
英語で話す「日本の伝統芸能」

小玉祥子著 講談社☆☆☆☆
この手のご本はいろいろございますが、単なる英語の本ではございません。きちんとした伝統芸能の知識をお持ちの方が書かれたものですので、納得のいく解説がなされています。日本語の解説部分だけをお読みになっても面白いです。とりあえず大急ぎで、国際人としての体裁を調えたい時には、必ずや強い味方になってくれるでしょう。
日本音楽の歴史
吉川英史著 創元社☆☆☆
よいご本なのですが、少し骨が折れます。思いっきり学んでみようという方にだけ、チャレンジをお勧めいたします。
邦楽鑑賞入門
吉川英史著 創元社
よくわかる箏曲地歌の基礎知識
久保田敏子著 白水社☆☆
こちらは、楽にお読み頂けるご本です。
第1部 楽器に関すること
第2部 一般楽理に関すること
第3部 箏曲地歌の楽理に関すること
第4部 歴史に関すること
第5部 地歌箏曲家と作品に関すること
浄瑠璃素人講釈(上) 浄瑠璃素人講釈(下)
浄瑠璃素人講釈(上) (下)
杉山其日庵著 岩波文庫☆
上下巻合わせますと、95作の浄瑠璃の解説がございます。
能楽ハンドブック
能楽ハンドブック

戸井田道三監修 三省堂☆☆☆☆
「能」の歴史に始まり、現行のあらゆる曲目の簡単解説、一般用語解説、装束やお道具、能楽堂一覧まで、お能について、ハンドブックですのに知りたいことが全部まとめて親切に書かれております。お能は拝見するものではなく鑑賞するものへと変わっていかなければ・・・という戸井田先生の思いが伝わってまいります。 地唄でしたら、「浮船」「大江山」「鉄輪」「西行桜」「桜川」「石橋」「高砂」「竹生島」「道成寺」「融」「松風」「八島」「夕顔」などのお勉強をなさるときに、より深いご造詣への案内書としてお役立てください。
三味線の美学と
芸大邦楽科誕生秘話
吉川英史著 出版芸術社
常識として知っておきたい日本語
常識として知っておきたい
日本語

柴田武著 幻冬舎☆☆
軽いタッチの語源解釈が、辞典形式で351語並んでいます。
音のなんでも小事典
日本音響学会 講談社☆☆
第一章 一歩進んだ音の知識
第二章 音声の科学
第三章 音楽の科学
第四章 身のまわりの音技術
第五章 音の技術の最先端
日本音楽のち・か・ら
日本音楽のち・か・ら

現代音楽研究所編
音楽の友社☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
現代邦楽研究所第5期の公開講座「日本の伝統音楽を考える~伝統、現在、未来~」の対談を中心に、いかに日本の伝統音楽が素晴らしく、魅力溢れる音を持っているかということを様々な角度から説いていく。
和楽器教則本シリーズ <箏>
滝田美智子著
GC教育委員会編
大変、初歩的な入門書です。写真も多く、どなたにもわかり易く書かれております。 お教室でお貸し出ししておりますので、お声をかけて下さい。 購入(¥2200+税)なさりたい方は、書店にはないかもしれません。 お取り寄せ出来ますのでご連絡下さい。
和をお楽しみください
三味線ざんまい
三味線ざんまい

群 ようこ著 角川書店☆
出版社 / 著者からの内容紹介
奥深い三味線の世界を教えてくれる、軽妙なエッセイ。
ついに念願だった三味線のお稽古をはじめてしまった! でも習い始めはわからないことばかりで? 三味線の世界を笑いと困惑の連続の中に綴った軽妙なエッセイ集。
能の匠たちーその技と名品
能の匠たちーその技と名品

小学館☆
能面・装束・扇・楽器・鏡板・能舞台の順に、美しい写真と、わかり易い解説がございます。
内容(「MARC」データベースより)
能面、装束、扇、楽器、鏡板、能舞台といった能の道具の名品をカラー写真で収録し、解説やインタビューなどにより、匠たちの技を伝える。能の世界を深く味わうために役立つ入門書。
歌舞伎十八番
中山幹雄著 学芸書林☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
世界に誇る日本の伝統演劇である歌舞伎を代表する「歌舞伎十八番」について、最新の研究もとり入れて総合的にとらえた書。三世豊国の十八枚の歌舞伎絵は、美術的価値のみならず、演劇資料としても貴重なものである。その”歌舞伎十八番シリーズ”の浮世絵をオールカラーで収めてある。歌舞伎の舞台づくりの現場にもある筆者の親しみやすい文章は、中学・高校の若者から大人まで誰もが手にとれ、歌舞伎入門にも最適である。巻末の三世豊国の詳細な年譜は、本書によって、はじめてまとめあげられた。
歌舞伎のダンディズム
歌舞伎のダンディズム

杉本苑子著 講談社文庫☆
出版社/著者からの内容紹介
天下一品の伊達男花川戸助六(はなかわどのすけろく)、私情を捩じ伏せて苦しみに耐える松王丸、陽気な野生児・超能力の妖術使い石川五右衛門、ちょっとニヒルな色悪民谷(たみや)伊右衛門、華奢な美少年の脆いデカダンス・弁天小僧……。個性豊かな役者たちが創り上げ観客に愛されてきた、破天荒に面白いヒーロー、12人の魅力を伝える名著。
歌舞伎の名セリフ
歌舞伎の名セリフ

中村勘太郎著 光文社☆☆
内容(「MARC」データベースより)
空前の歌舞伎ブームがやってきている。もっと深く、粋なセリフの数々を知ってもらおうと、若い感性で選び抜いた名セリフ集。若い人でも手に取りやすいこの本を持って芝居に足を運んでみようという気にさせる、魅力的な手引書。
日本神話がわかる
日本神話がわかる

朝日新聞社☆☆☆
内容(「MARC」データベースより)
ドラマに富んだ日本神話の世界を「古事記」「日本書紀」を中心にアイヌや沖縄神話も含めて紹介。心理学、民俗学、歴史学、ジェンダー、様々な角度から、田辺聖子、梅原猛、市川猿之助、河合隼雄らが迫る。
図説 地図とあらすじで読む万葉集
図説 地図とあらすじで
読む万葉集

坂本勝監修 青春出版社☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
和歌が織り成す幾千の物語。天皇・貴族から庶民に至るあらゆる階層の人々が、恋・自然・人生の哀歓を歌い上げた、日本人のこころの原点「万葉集」。その成り立ちと万葉人の世界観を、ふんだんな地図と図表で読み解く一冊。
万葉集ハンドブック『万葉集』のすべてがわかる小辞典
万葉集ハンドブック
『万葉集』のすべてが
わかる小辞典

多田一臣編集 三省堂
ちょっと調べたいとき お気軽にご利用ください。
「平家物語」を旅しよう
「平家物語」を旅しよう

永井路子著 講談社文庫☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす―。熊野、住吉を訪ねて、重盛の栄華の中の空しさを、宇治、富士に維盛の運命を、宮島、屋島、そして大原に、流転の王妃建礼門院の悲しみを知る。琵琶法師に導かれて、日本人の心を訪ねよう。
浮世絵に見る江戸吉原
浮世絵に見る江戸吉原

河出書房新社☆
美しい浮世絵をぼんやり眺めて頂いてもよろしいですし、たまに解説文を拾い読みなされば『新娘道成寺』の後唄にございます『張りと意気地の吉原』へのご理解が深まります。
江戸切絵図にひろがる藤沢周平の世界
江戸切絵図にひろがる
藤沢周平の世界

人文社☆☆
小説にゆかりの場所の古地図と現代地図。写真や浮世絵で楽しさを増しています。お散歩のお供に最適です。 (大名小路・外桜田・番町・小川町・日本橋・内神田・京橋・浜町・愛宕下 四谷・小日向・小石川・本郷・下谷・浅草・本所・深川・高輪・麻布・青山・千駄ヶ谷駒込・巣鴨・日暮里・海坂藩の舞台城下町鶴岡)
ひろさちやの般若心経88講
ひろさちやの般若心経88講

ひろさちや著 新潮文庫☆☆☆☆☆
「88講」なのは、もともとNHKの「テレビ遍路・四国八十八ヵ所・けさの霊場」という番組の放送原稿だったからなのだそうです。分り易い「般若心経」の解説を通して、これまで謎に包まれていた仏教感を垣間見ることが出来ました。 1講でお話が完結しますので、少しずつ読み進めることが出来ます。
和の美を育む―きものことはじめ
和の美を育む
きものことはじめ

木村孝著 集英社☆
京都で染織の家に生まれた著者の方の季節に応じたお着物のお話が素敵です。ところどころに挟まれたお着物の美しい写真もうっとりさせられます。
きものがたり
きものがたり

宮尾登美子 文春文庫☆
こちらもお着物のご本です。宮尾先生の思い出のお着物についてのエッセイです。日本女性のお着物に寄せる思いがいきいきと伺えます。
幸田文の箪笥の引き出し
幸田文の箪笥の引き出し

青木玉著 新潮文庫☆☆☆☆☆
お母様が幸田文、お祖父様が幸田露伴という著者の青木玉さんが、着物にまつわるお母様の思い出を書かれたエッセイです。 ただのお着物のお話ではございません。凛として粋な着こなしの心をうかがい、お着物に込められた日本女性の生活感と心意気とを、どうぞお読み下さい。
帯むすび<ベストセレクト50>
日本ヴォーグ社☆
半幅の浴衣結びから、お振袖の帯むすびまで・・・50種類を写真入りで図解してあります。だいぶ前の古いご本ですが、よろしければお貸し出しいたします。
健康にお過ごしください
腰痛放浪記 椅子がこわい
腰痛放浪記 椅子がこわい

夏樹 静子 新潮文庫☆☆☆☆
腰痛や不定愁訴にお心あたりの方は必読でございましょう。抱腹絶倒、面白可笑しいエッセイですが、実は病の盲点に警鐘を鳴らしています。病は気から・・・かもしれません。
枕革命 ひと晩で体が変わる
山田朱織著☆☆☆
このご本に書かれてあるとおりの高さに枕を調節してみましたら、びっくりするほど快適でございます。あまりのことに、本棚へ入れております。芸の精進も健康あってこそ・・・。