地唄箏曲美緒野会

お箏の由来

お琴の歴史は古く、和琴の原型としては弥生時代からありました。 当時は呪術用の楽器として使用されていたとみられています。 古い時代、弦楽器は人間が息を吹き込んで音を出す管楽器よりも高尚とされ、 祭祀にまつわる楽器として大切にされておりました。 その音色は高貴で美しくそれでいて穏やかな不思議な魅力を持っております。

お三味線の由来

お三味線は14世紀末に中国からまず琉球に伝わり、 16世紀頃に堺に伝わって琵琶法師達によって改良されたものが始まりと言われております。 この改良によって喜怒哀楽の幅を広く持つことができた三味線音楽は分化を繰り返して大きく発展し、 今では日本を代表する弦楽器となりました。